2010年11月07日

■視聴感想:天装戦隊ゴセイジャー

epic 38「アリスVSゴセイナイト」
メタルAは今回で退場かと思いきや復活か。
今回は人間の愛についてのお話。
共に意思のある無機物であるゴセイナイトとメタルAが人間をどう思っているかの違いが焦点に。
更に愛とも呼べる忠義心を持つメタルAに対してロボゴーグが「ただのマトロイド」としか思っていない悲哀さも最後に描かれていて、
今回の話はとても面白かった。
ナイトさんは本当に初登場時と比べると成長したよなぁ。
まさか護星天使よりも成長したという印象が強くなるとは思わなかった。

OPで裕子さんの名前が声しかクレジットされてなかった段階で、なんとなくオチは読めていた。
まあ天知博士の奥さんは謎のままの方が面白いよなー(笑)

ワンダーゴセイグレートは望の祈りで登場という形になったか。
羽の演出の流れが劇場版よりも弱いけど、まあそれはアラタ達とずっと一緒にいたしって事でいいか。
てか望の祈り以外にゴセイワンダーの出る必要性って全くなかったよね……
てっきりゴセイドラゴンが橋の代わりになる→合体できないからゴセイワンダーを呼ぶって流れかと。
でも今だとゴセイアルティメットがいるからゴセイドラゴンを封じてもあまり意味がないのか。
まあ劇場版では実現しなかったワンダーゴセイグレートとゴセイグランドの並ぶ姿が見られただけでも良いのか。

次回は遂にブレドRUNさんの登場ッ!
記憶を失くしている設定なので、最終的にどう転ぶのか楽しみでならない。
posted by 彩華 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41626483

この記事へのトラックバック