2010年11月14日

ゴセイジャーとオーズ

天装戦隊ゴセイジャー
epic 39「エピック・ゼロ」
ブレドRUNさん登場ッ!!
メタルAのデータをコピーした事から心が芽生えて裏切るっていう展開が今から読めて楽しみである。
ブレドランさんはやっぱり裏切ってナンボだ。
あと戦闘すれば普通に強いのがブレドランさんなので、ゴセイジャー圧倒する戦い方をするのも良し。
しかしブレドランチャーにブレメランとかシャレですかいと。
それにしてもゴセイナイトさんの強さは本当にブレないなぁ。
攻撃を防がれる事はあっても、自分が攻撃を貰う事は殆ど無い。
レオンレイザーのビームがタイムリバースで戻されるシーンはシュールだったけれど。

タイムリバースの暴走によりアラタはゴセイジャー本編開始前に時間逆行。
天の塔の崩壊を防ごうとする。
でも、それをしてしまったらゴセイジャーのみんなや望、ゴセイナイトとの絆を無かった事にするわけで……
それでも防ごうとするのがアラタさんなんだろうな。
予告の「俺はみんな強いことを知っている!」がすげーかっこいいの何の。
ガチ戦闘モードのアラタさんの声は本当にカッコイイ。
巨大戦の選択がグランドゴセイグレートっぽいのも楽しみだ。
アラタ復活→6人で合体という流れなのだろう。
夕日をバックにしたシーンもかっこいいので、来週がすごい楽しみだ。



仮面ライダーオーズ
第10話「拳と実験と超バイク」
真木博士の濃さがこれでもかと発揮されている展開だった。
『誕生』を尊ぶ宇梶に対して、『破滅』を尊ぶ真木。
現在は協力しているけれども、この後はどう転ぶかはわからない。
「メダル制御システムを開発すれば人間でも自由に扱える」というのはバースの伏線か。
MOVIE大戦には登場確定してるし、児童雑誌予告でももう登場しているから、
年内に登場する可能性もあるかな。
語りかける人形を払い落とされて凄い痛がっているシーンは面白かった。
どうして人形を本体であるかのうような振る舞いをするのか理由が語れる時はあるんだろうか。

爆弾解除のシーンは中川節全開なBGMもあり、緊張感抜群だったなー
映司が過去のトラウマを乗り越える為のシーンでもあり、非常に盛り上がった。
チーター足使えばいいじゃんとかいうのは禁句なんだろうな。
その為にまたアンクがメダルを管理しようとしているっていう脚本側の都合もあったんだろうし。

そして登場トライドベンダー。
いきなり暴走し始めてびっくりした。
普通にサメヤミー倒してるし!
『余分なパワーを吸収してくれるからコンボでも体の負担が軽減される』というシステムは良いね。
これなら比較的安全にコンボを使用できる。
タトバ状態だと暴走していたのは「エネルギー食わせろー!」って暴れてたって感じなのかなー
ウヴァ様にクワガタを奪わせてガタキリバが使えないようにしたのは、
トライドベンダーをラトターター用の乗り物と印象づける要素もあったのかなー等と思ったり。

あと今回はメズール様人間態のおみ足が大変綺麗でございました。
13歳の黒スト……ッ!

次回は映司の旅先での知り合いが登場。
旅ブログを付けているキャラのようで。
ヤミーを植えつけられてどんどん駄目になっていくようで、その過程が楽しみだ。
まあ米村先生なんですが。
posted by 彩華 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41714730

この記事へのトラックバック