2010年11月30日

スーパーロボット大戦L プレイ記録・その2

あっという間って程でもないけど、あっという間に最終話に突入ー

以下、ネタバレ防止で一応隠す



結局無改造、スキルパーツ未使用を継続していたわけで。
ファイナルフェイズ防衛の所で初ゲームオーバー
流石に気力が尽きかかっていたので、資金稼ぎも適当にマップ兵器でばっさばっさ。
レジェンドのマップ兵器が便利すぎるおかげで、最終話前の段階でレイが撃墜数トップという有様に。
デス種勢は他にもミーティアフルバーストが便利だなーと。
エターナル必要だけどエターナル側がENを消費しない+ストフリもインジャもハイパーデュートリオン持ちで撃ち易いというのが大きい。
合体攻撃だから援護されないし、バリア無効・サイズ差無効の効果もあるのがでかい。
ボスのHPが10万超えし始めたあたりから魂ミーティアフルバースト→再動・期待→再度、魂ミーティアフルバーストという攻撃が目立ち始めた。
最初は魂が援護攻撃にも乗るバグ?を利用してシンちゃんのフルウェポンアタックを有効活用しようとしていたけれど、途中から殆どの機体がPUを組むようになってしまった関係であまり意味がないことに。

シナリオ面はイクサー1&3最終決戦で非常に満足。
永遠のイクサー1がかかるシーンが超燃える。
イクサー1とイクサー2を組ませてどっちもロボ召喚するとフルパワー+フルパワーでごっそり敵のHPを削れるのがおいしい。
ラインバレルシナリオもファイナルフェイズの演出は頑張った甲斐があったなぁと思わせる出来。
重力波をシンジ達が防ぐシーンも良かった。
マクロスFはよくもまぁ、頑張ったなぁと(笑)
巨大ランカまで再現されるとは思わなかったわい。
バトル・ギャラクシー撃墜でそのままクイーンバジュラとも戦うかと思っていたから余力を残していたら次回への引きがあってちょっと拍子抜けだった。
あそこで連戦ってのも結構厳しいものがあったから好都合だったけど。
娘々メドレーはフェイズが切り替わるごとに曲変更、更に戦闘アニメでも曲固定、曲変更時にランカとシェリルのカットイン挿入と上手いこと頑張ってたなーと感心。
シェリルが意を決して歌う場面でノーザンクロス解禁、更にランカを救い出して一緒に歌うシーンでライオン解禁とBGMの解禁されるタイミングも非常に盛り上がっていたと思う。
そして必ず割れるアルトのバイザーで噴くし、二股発言もそのままで噴いたのであった。

デス種シナリオは最終的に綺麗な議長になっててびっくらこいた。
まさかクトゥルフ要塞の外壁をメサイアが特攻して破壊するとは……
結局発動する運命プランに辟易としかけていたけれど、セントラルの事を知っての行動だったのは多少説得力が増していたかな、と思う。
先を急ぎすぎていたのはゲーム中で否定されていた通りだけれど。

まあしかし面白かった、何だかんだで。
いやまだ終わっていないけれど。
何とかMHP3までにはクリアできそうで一安心。
タグ:スパロボL
posted by 彩華 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41905177

この記事へのトラックバック