2010年12月03日

スーパーロボット大戦L プレイ記録・その3

クリアしたので2周目突入
現在10話

綺麗にまとまっていて良い作品でした
派手さ・奇抜さは無いものの、違う作品のキャラ同士の組み合わせが綺麗でテキストを読んでいて心地よいスパロボだったと思う。
ただ、序盤のテキスト量の多さはマイナス要素。
戦闘に入るまでのやり取りが長め、終わってからも長めと序盤に結構な量を詰め込んでいた印象が強かったです。

所々プレイヤーの介入できないマップイベントのみで話が進むシーンが多少多目に感じたのもマイナス要素かな。
大半は「おお、そういう展開にするのか!」という印象が強いから、まあいいんだけど。
主にデス種の扱い。



以下、ネタバレ全開








今回の主役はラインバレルかなーと思う。
ラインバレル勢の真の敵であるセントラルがオリ敵と密接に絡んでいるわ、版権ボスの大取りを勤めているわ、浩一は一鷹と友人だわで、メインポジションだなーと。
前も書いたけど、浩一に関わるキャラが増えたおかげで浩一の成長がよりわかりやすくなっていて○
作品の根幹の設定に平行世界があったのが今回の大きな扱いを受けたうえでの強みか。
ラインバレルのおかげで「同一世界に存在していないコン・バトラーとボルテス」という珍しい構図も作れたわけだし。
またイクサー1とイクサー3の二人の渚についても平行世界超オッケーな設定のおかげで、無理なく演出できていたなーという感じ。

マクロスFもメインを張ってました。
地上はラインバレル、宇宙はマクロスFっていう分け方になっていたかなーって感じ。
マクロスFの場合、前述のように詰め込みすぎのエピソードが多かった印象がある。
そもそもプロローグからして一気に詰め込んでたし。
アルトのメサイアの最終決戦仕様がなかったのが残念でならんかった。
あと眼鏡生存したらクランと合体攻撃できるとかやってくれても……
それと眼鏡割れてないのにブレラお兄ちゃんとの合体攻撃でスナイパーライフル構えてたのは噴いた。

イクサー1はWのブレードの再来、と表現すると言い過ぎな気はするけれど、イクサー3のエピソードが綺麗にイクサー1のエピソードに絡んでいたなーという印象。
ブレードUとイクサー3が同じ扱いというお話。
奇しくもどちらも前作は重苦しい雰囲気で、続編が明るい雰囲気で対極の構図にあったっていうね。
あとイクサーロボよりもイクサー1の方に戦闘アニメの気合が感じられて何か噴いた。
いやまあイクサーロボってあんま活躍してないから仕方ないのかもしれないけれどーッ
イクサー1フルパワーが「シンクロ!」から光をまとっての斬撃がもうかっこよすぎて。
渚が死なないでイクサー1状態でシンクロするのも感涙もんですよ。
EDでもイクサー1と渚が「渚がイクサー1を知らないままに視線を合わせる」という原作のやりきれない切なさはなかったし!
結局イクサー1は旅立つから渚と別れるわけで、それはそれで切ないものがあったけど、原作よりはッ
イクサー3はクイーンフジは出ないのかなーと思っていたらダンナーの各国ロボと同じ扱いで野人達が出てきてびっくらこいた。
そしてテキストだけで破壊されるFJ-V。実に原作どおり。

ダンクーガノヴァは序盤のつまらなかった部分をバッサリカットして正義の味方状態にしてしまったのは英断だったと思う。
ムーンWILLはイクサー関係と絡んでいて良い塩梅だった。
ビッグゴールドの出自を語ったり、二つの世界の渚の事を語ったりと何気においしい役回りだった。
あとテキストから滲み出る若本臭でむせる。
最強技で再合体したのには大笑いした。
でも再現度すばらしい。葵の目隠しまで入れてくれるとは。
背景の爆発とかもそれっぽいし。

Kからの続投組はKでやらんかった事やってるなーという印象。
もしくは再現度あげてるなーと。
一番恩恵を受けたのはジーグか。
おっぱいドリル、バルバとの戦い、銅鐸が奪われてからの最終決戦とエピソード自体は中盤以降からのピックアップだけれど、何よりも何よりも「必要ない」をやってくれたってのがッ!
Kは早いうちから宙さんを使えるのは確かに良かった事ではあるけれど、復活劇がイマイチだったからなー
「必要ない!」をやってくれてBGMがDead or Alive初解禁でと本当に至れり尽くせりなのであった。

ガイキングはKでスルーされていたNEX関係を軽く触れた感じか。
ダリウス界に一切行かなかったのは意外だった。
プロ子様はファイナルデスクロスで地上に出てきちゃうし。
最初の分岐は命令に従わない方に進んだので、LODのエピソードはカイキンク登場→次が最終決戦っていうとんでもない状況だった1周目。
今回参戦するうえで望んでいた要素のうちある程度は叶えられていたから、まあそれなりに今回のLODは満足。
ガイキングアックスとかノーザ・ドルマン改は見たかったなー
レベッカ出てきたのには驚いたわけだがねッ 大地魔竜のサブパイとかッ
ぼっちのケインが可哀想すぎる。

デス種はセイバー使いたかったなー
グラフィック起こす余裕なかったんかなーという邪推が。
カオスとアビスとも結局戦わなかったし、流用で済む部分は徹底的に流用のみで済ませた印象が強い。
インジャに乗り換えるまでアスランがずっとザクなのはキツかった。
ガイアあるから乗り換えてましたが。
遂にデュエルとバスターが入手可能になったのは嬉しい感じ。
やっぱイザディアはデュエルとバスターだよね……
旧式だろうとロマンはロマン。
タグ:スパロボL
posted by 彩華 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41956784

この記事へのトラックバック