2011年01月22日

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックON銀幕』を見てきた

別に初日でなくても良いかなーとは思ったけれど、
外道シンケンレッド誕生や血祭のブレドラン、そして客演のゴーカイジャーが気になったので見てきました。

『天使』と『侍』という戦隊モチーフの中でも特に異質な物同士の競演、という事で
互いの価値観の違いをぶつけ合い、和解していくというわかり易い内容だった。
ゴーオンVSシンケンもお気楽VSお堅い、という流れだったがなッ
ゴーオンとゴセイの違いはゴセイの場合はシンケンのように使命がある、という事か。
これは丈瑠の台詞をアラタが真似たり、アラタの台詞を丈瑠が真似る所に現れていると感じた。

時間軸はマトリンティス登場前かな。
ブレドランさんが死んだと思われていたようだし。
ミラクルゴセイダイナミックとナイトダイナミックが別個で使われていたのが気になったけど、
ミラクルゴセイナイトダイナミック誕生はマトリンティス編だから問題はないのか。

モヂカラとゴセイパワーの融合という解決方法はVSシリーズらしくて良いなーと思う。
競演する以上、こういったリソースの融合は良いやね。
まあモヂカラと比べてゴセイパワーはすげー楽そうに見えるのが問題だったけど。
消耗して封印のモヂカラを使うシンケンジャーに対して、
ディフェンス系カードをサクサク使うゴセイジャーが気になって気になって……
お世辞にもテンソウダーそのものが良いアイテムとは言えないのが余計に厳しい。
この辺の微妙に感じる気持ちは去年シンケンVSゴーオンで初めてゴセイジャーを見てから変わってないのか、と思うと切ないものがある。

さて、今回客演のゴーカイジャー。
『海賊』というモチーフ故の荒々しさ全開の名乗りやアクションは見ていて痛快。
更にレンジャーキーにより歴代戦隊に変身するというギミックはやはり強いなと感じた。
カッコイイお姉さま系な黄色とお嬢様系なピンクの対比もたまりませぬ。
本放送が楽しみだ。
一人でカメンライドしまくるディケイドもワクワクしたけど、
いっせいに変身するゴーカイジャーもワクワクするよなー
まあできれば本人達が勢ぞろいする方が嬉しいのは当然として。

今回用の巨大ロボ、グランドハイパーゴセイグレート。
パッと見だとハイパーゴセイグレートとどう違うのかわかり辛いのが困る。
そしてハイパーゴセイグレートの時同様、化け物呼ばわりされてて笑った。
データスが逆立ちして背中にくっついたり、生首がいっぱい付いてるのがいけないのか……
更にコックピットが狭苦しくて、必殺技発動時にシンケンマルを前に突き出すシンケンジャーの危ないこと(笑)
このコックピットのシーンはダイゴヨウも一緒にいたのは良かったなー
posted by 彩華 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42792706

この記事へのトラックバック