2011年06月26日

■視聴感想:海賊戦隊ゴーカイジャー #18

全く感想書いてなかったけどゴーカイジャーは毎週楽しいのでちゃんと感想書くようにしたいなーと思い立ち、今週から載せるようにしてみる。
いやまぁ、手元のテキストファイルだと毎回書いてはいるんだけど……



第18話「恐竜ロボットドリルで大アバレ」
仲代先生を始めとした死亡者と死の淵で邂逅、というのがすげー設定な鎧。
そしてその仲代先生が綺麗すぎて噴く。
タイムレンジャーの大いなる力はちょっと強引だよなぁ。Vレックスがあったとはいえ。
豪獣ドリルが未来で建造されてるって設定なわけかー
ジュウレンジャーとアバレンジャーは違和感なし。
名前も頭部も大獣神リスペクトっぽいのがジュウレンジャー世代としては嬉しい限り。

生身戦闘シーンは鎧の人のアクション適正がすげーわかりやすいのと、
鎧というキャラクターの無茶っぷり&正義感がよくわかるナイス展開だった。
『宇宙を敵に回すんじゃない、宇宙を平和にするんだ』のシーンで背筋がゾクゾクきた。
これまでのマーベラス達では至らなかった境地に、海賊戦隊は至ったのであるッ!

シンケンゴールドと思わせてキングレンジャーにゴーカイチェンジしたシーンには噴いた。
シンケンキングとかネタで言われてたと思ったら本編でやられるとは(笑)

次回は遺影フォーム登場。
やっぱ怖いってッ! あの顔面がズラッと並んでるのッ!!
タグ:ゴーカイ
posted by 彩華 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46357716

この記事へのトラックバック