2012年02月13日

■プリティーリズム・オーロラドリーム #44

記事あげたつもりがあげてなかったでござるの巻

第44話「スイート&ビターバレンタイン」
いや、なんかすげぇわ。今回はこれが総括というか何というか。
てっきり骨休めのバレンタイン回かと思っていたらガッツリと本筋も進めてあって恐れ入った。
その分、一般的なバレンタイン回的要素は少なめだったかも。

阿世知社長の目指すオーロラライジングが『何も捨てない』ものであるのに対し、
Kの目指すオーロラライジングは『全てを捨てた』もの。
その対比がバレンタインにあいらの為に作ったアクセサリーを受け取り、お返しの甘いジャンプを飛んだあいらと、
雪空の中待ち続け、Kに釘を刺された為にチョコを渡せず走り出すしかなかったりずむで表されている。
うん、この番組本当にりずむちゃんに対して容赦ないよね……
主人公補正でアッサリと自己ベスト更新してるし、あいら。
久しぶりに武道館ライブの時のスーパーオーラが出始めて驚いたわい。

その一方で海外の大会でポイントを集めていながらも未だ帰国はせずに大会に参加しないみおん様。
その真意は次回明かされる?
更にMARs結成のきっかけとなった『スケート座』にまつわる話も出てくるようで。
しっかりとブエノスアイレス産まれの話を拾ってくるとは思わなかったので驚きだわ。
だがしかし予告から垣間見えるカオス具合……
セレナとスティーブンが絡む時点でもう……

社長があいらの良心を説得するシーンは鳥肌立ちっぱなしで良かった。
そなたのことを知っているママはオーロラライジングを否定せざるを得ないわけで。
でもあいらのやりたい事、あいらの才能に気付いてくれた社長の意思を尊重しようとするパパが超★イケメン。
その後の「オーロラライジングって何?」が台無しだったわけだけど。
毎度毎度パパは良いシーンがあるなぁと思った直後に落としてくるよなぁ(笑)
posted by 彩華 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53887509

この記事へのトラックバック