2012年05月07日

■プリティーリズム・ディアマイフューチャー #04・#05

第04話「ハートの革命・プリズムアクト!」
プリズムジャンプを超える次世代の技、プリズズムアクト。
プリズムアクトとは心の革命、ジャンプを超えた先にあるトンネルを抜ける事で己の人生を基にした劇場が現れる。
みおん様は枯れ果てていた己の心のスイッチをあいらとりずむが癒し、オンにしてくれたからこそのこのアクトか。
正直CGパートでやると思っていたので、手描きでアクト表現は結構厳しいぞ、今回の製作体制だと……
光と闇のオーロラ・ライジングやオーロラ・ライジング・ドリームの時のように要所となる部分ではリソースつぎ込んでくれれば……
いやでもやっぱ今回の体制じゃなぁ……うーん。

話としてはかりんの掘り下げ。
「何とかなーるなる」という楽観的思考を持っているかりんではあったが、それは姉ゆえのフォローの上手さからきていたのかな。
プリズムジャンプは心の飛躍。
故に気負ってしまえばジャンプは飛べなくなってしまう。
新キャラ・シウンはかりんと対応するキャラって事で話を進めるのかな。
前回のみあにアドバイスするヘイン、今回のかりんにアドバイスするシウンという構図は穿った見方しちゃうと駄目だね。
年齢設定と留学生に選ばれる実力の持ち主、という事を思い出せば違和感もないんだけどさ。
ってヘインとシウンの年齢設定って本編で出てきてないなー
プリズミー側もなかったような気がしたが。



第05話「初恋!? マイ☆プリンス」
韓国側の新キャラジェウン登場。ま、まだ3人目か……毎週登場は辛いなぁ。
そしてれいなメインでした。
微妙に前回のかりんと立ち位置被っているようなポジショニングな気がした。
積極的に頼られるのがれいなで、ムードメーカー的な感じなのがかりんか?
コイバナはれいなが主導になる模様。
それも予告で出てきた相手が本当にいつきだとは。

現状、プリズミーのジャンプがみあ以外が前作登場分のみなのは残念なんだけど、
それだけ彼女達が未熟なのだと思えばまあ、まあ。
みあは突き抜けているからこそ基本技以外のジャンプが飛べたと見るべきか……?
実力は他の3人には及ばないが、心のワンオフ具合は完璧だし。

次回はあやみか。
順当に当番回が回ってきてる感じっすな。
posted by 彩華 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55693769

この記事へのトラックバック