2012年02月03日

■戦姫絶唱シンフォギア #05

EPISODE 5「なお昏き深淵の底から」
クリス関係の描写がちょろちょろと。
SMプレイとかきわまってますね、色々と。
駄目絶対音感のせいで櫻井さんが怪しいなーという雰囲気が一気に。
そういやシンフォギア関係の理論を作ったのも櫻井さんだし、綺麗にクロマクに収まった方が分かり易い感じではあるか。
まだどんでん返しがあるかもしれないけれど。

司令との特訓を経て響は一気に強く。
踏み込みが出来なくなるからヒールを折ってしまう潔さは素晴らしい。
そして完全なる聖遺物であるデュランダルの発動……ッ
5話まで放送してきて響が暴走してない回の方が少ないとかどういうことでしょうね。
ガングニールが出てこないでデュランダルを使ってしまうという斜め上っぷりがなんかすごかった。
物としてはデュランダルの方が上っぽいし。

翼は前回の絶唱から意識を取り戻しただけなので響との関係性は変化なし。
再び顔をあわせた時にどういう接し方をするかが楽しみかな。
posted by 彩華 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2012年01月28日

■プリティーリズム・オーロラドリーム #42

第42話「りずむとそなた、運命の再会」
みおん様、あいらと来て今度はりずむがプリズムクイーンカップシリーズへの出場。
万全のコンディションで臨めば結局のところ人の模倣でしかないかなめに勝てたかもしれないというのが……ッ
というわけで遂にりずむとそなたが再会!
記憶をなくした人もいるのよ!という事でガチで記憶なくしてるっぽくて!! ぎゃあ!!
最初はオーロラライジングを飛ぶ事でママに気付いてもらおうと思っていたのが、
あのオーロラライジングで何が起こったのか?という点へと変化してるんだなぁと見ていて思った。
そしてりずむまで失ってしまうのは嫌だという親父さんがまた泣かせてくれる。
龍乃介さんは出番こそ少ないものの思いっきりギャグにも使えるし、シリアスにも使えるしで良いキャラである。

モーション流用の新ジャンプはスーパー・スターダストシャワー……スーパーッ!?
今度は流星が赤熱していて攻撃技具合が増していて噴くわい。
かなめはスターダストシャワー・パーフェクトをコピーしていたけれど、そういやみおん様もスターダストシャワーは飛べるんだよなぁ。
「私の技まで」というりずむの衝撃はちょっと違和感があったかな。
フレッシュフルーツバスケットはあいら独自の技だからコピーの衝撃はあったんだけど。
あとスーパー・スターダストシャワーのシーンはHIBIKIさんの「高すぎる!?」で噴いた。
「低い!」といいプリズムジャンプの高さの基準はよくわからん(笑)

さて、かつてせれのんに敗北した事で欠けていたピュアホワイトウェディング。
それを巡って次回みおん様が帰国。
更にプライドを捨ててせれのんに頼み込むという友情故の行動。
Kの言う「命より大切なもの」に友情のチアブレスを選んだりずむの選択は果たして正しいのか。
そもそもKの教えるオーロラライジングとは正しいのか……
オーロラライジングとは何かを捨てる必要があるジャンプなのか?
リンクに居るというエンジェルとは何かを捨てなくては逢えないものなのか?
物語の終着点としては3人で飛ぶオーロラライジングこそが真のオーロラライジングという展開になるのだろうけれど、
そこまでの過程も楽しみである。
posted by 彩華 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

■戦姫絶唱シンフォギア #04

EPISODE 4「落涙」
前回の引きからいきなり飛んで五年前の回想でびっくりですよ、えぇ。
というわけで奏のバックボーンが語られる。
聖遺物の研究者の子供だったようで、ノイズの襲撃から唯一生き残り復讐を誓う野獣のような少女であった。
姉御肌な口調は生来の気性の荒さがそのまま引き継がれていた、というわけか。
ガングニールへの適合は薬物による無理やりなものだったのは衝撃的だった。
先天的に適合への素質を持っていた翼にとって奏の復讐心から来る適合への執着は衝撃的であり、
また奏という女性の魅力でもあったのだろう。
だからこそ響が奏の代わりとなろうとする旨の発言には否定的だったんでなかろうかという。
『奏の代わり』を誰も望んでいない、という台詞もマネージャーから出てきたし響が一人で空回りしていた感じやね。

そして、翼の絶唱……ッ
肉体の負荷を考慮しないシンフォギアの活性、ノイズの広域殲滅。
奏が唄い、翼も唄い、二度の絶唱を見た響は、
そんな悩む響に光明をもたらすのは『守りたいもの』である響にとっての日常の象徴である未来。
響のままで一歩ずつ進んでいけばいい、というのは大事なこと。
未来に隠し事をしている、という事実が今後どう働いてしまっているのか……
着実に爆弾は大きくなってきてるよね、毎回。

そんなシリアス展開のラストに待ち受けるEDの特訓風景で盛大に噴いた。
ブルース・リーやめろよ!w
司令はノリノリすぎるだろうッ!
これでOPの響がライダーキックしてる理由がなんとなくわかったような……
ガングニールのアームドギアを呼び出すのはもうちょい先になるんかねぇ。
posted by 彩華 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

■プリティーリズム・オーロラドリーム #41

第41話「ピュアプレミアムウェディングの願い」
衝撃の事実、月影先生(仮)は阿世知社長の母親だったッ!
更に、JUNさんと社長は異父姉弟だった!
いつかの「姉さん……」の謎がここで判明したのである。
回想シーンのカットの挟み方が上手く、社長の親子喧嘩で天宮家が家庭崩壊した事が分かり易く表現されており、
また今まで金に汚いキャラだった社長が本心を吐露し、涙する姿はこれまでの印象を変えてくる。
Kが社長のジャンプを欲望にまみれた、といっていたのは単純に母親への反抗という部分もあれば、
今の金に汚いような生き方もあるのかなぁと。

今まで思いが固まらなかったあいらは社長の嘆願を受け入れ、決意を固める。
他人のために決意した時のあいらは強く何と前回のみおん様のポイントを上回ってしまうというッ!
こうなると曇るのがりずむちゃんなわけで。
思い出すのは12話のピュアクリスタルカップだなー、これ。
あの時は前向きな方向に進んでいったけれど、今回は傍にKが来てしまっていた。
それがどう働くのか。
更に次回、ついにりずむとそなたの再会という重大イベントも起こるわけで次回も目が離せない。
いやー、本当に面白いアニメだわ。
posted by 彩華 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2012年01月20日

■戦姫絶唱シンフォギア #03

EPISODE 03「夜にすれ違う」
また再び色々と説明が。
櫻井理論のシーンは飯食いながらTwitterも見てたから流し聞きになって把握できてないという酷い有様。
響の暴走状態は感情が昂ぶると発現するのかな。
その状態を超える事でガングニールを抜く事が出来るのかなぁ。
シンフォギアもいかにも初期状態っぽいデザインだし、段階的に進化していくのだろうか。
そういやまだ奏は必殺技が出てないんだった。

そして天ノ逆鱗を素手で受け止める司令がまじ金子作品のおっさん。
WA4の若本を彷彿とさせる。
ラストで銀髪さん登場。
デザインラインが違う為、一目で別組織の者だって分かるのは良いねー

未来ちゃんはOPの不吉オーラや今回のすっぽかされ等、じょじょに闇堕ちっぽい雰囲気が着々と。
確実に感情を爆発させるシーンは来るよね……一体どういう形になるのか。
生存は1話アバンで確定してはいるけれど……
posted by 彩華 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2012年01月15日

■プリティーリズム・オーロラドリーム #40

第40話「それぞれの決意」
伊福部脚本で戦々恐々としていたものの、一応内容はシリアスだった。一応。
ペアチアマスコット近辺がカオスってたけれど。山田です。
今回、次回、次々回とMARsの各々がプリズムクイーンカップに賭ける想いを掘り下げていくって形になるのかな。
オーロラライジングを超えるジャンプを飛ぼうとするみおん様。
母がかつて飛んだコーデでオーロラライジングを飛ぼうとするりずむ。
そしてまだ気持ちの固まらないあいら。
「オーロラライジング編」に突入した4クール目、非常に盛り上がりそうな展開である。

そして新EDェ……
予想はしていたが思ったよりも変更が早かった……

次回はあいらメイン。
阿世知社長の過去話解禁で月影先生の話も見えてくる形になるのかな。
何故オーロラライジングを超えるジャンプを飛ぼうとしたのか、それが見えてきそう。
posted by 彩華 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2012年01月13日

■戦姫絶唱シンフォギア #02

第02話「雑音と不協和音と」
前回、シンフォギアシステムと発動させた響は特に暴走状態でもなかったでござるの巻。
聖遺物・ガングニールの欠片で発動させているから響のシンフォギアはデザイン的に中途半端なのかー
あと天羽々斬が1号、ガングニールが3号との事で2号が出るよね、絶対。
それがOPにもいた銀髪キャラなのかなー

本編は設定説明がメインか。
櫻井さんのイントネーションがちょっとカタコトっぽいのが気になったがッ
「何で歌ってるん?」というのを無理やり理屈をつけて正当化している力技っぷりは非常に好み。
あとキマシ連続でレズい。

響を認められない翼が「一緒に戦いましょう」を明後日の方向に捻じ曲げて戦闘に突入?という所で3話に引き。
引きの強さは1話も2話も良いね。次回も楽しみ。
posted by 彩華 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

■探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 #02

第02話「ナイスなスシ」
いやぁ、今週も酷いアニメだった。
前回の引きの時にどうも本当にトイズが復活していたようで寿司に目が眩んで普通に使いこなしているという意味の分からない事態。
その寿司に至るまでの過程も全体的に頭おかしくてもう。
とりあえずヨコハマのニュースポットにピラミッドが追加。
更に海賊までいるとかッ
その海賊の中にどっかで見たような赤いのとかスパロゥとか黒ヒゲとかッ
会長の最終手段、ホームズ探偵学院の廃校決定を告げられる事でよーーーーーやく、探偵を目指す志を思い出すミルキィホームズ。
ただしここでトイズが消えるってのが実に酷い。
全体的な流れとしてはこのまましばらくはまたトイズを失ったままで進んでいきそう。
さて、ここからまた更に下降するのかそれとも上昇するのか……
posted by 彩華 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2012年01月07日

■視聴感想:プリティーリズム・オーロラドリーム #39

第39話「新春特番・プリズムショーの魅力に迫る!」
総集編なのにBパートが全部実写じゃないだと……ッ
プリズムメイツのテストもあるので、てっきりBパートが丸々実写の13話、26話と同じ構成だと思っていたら……
本編は普通に総集編だったなぁと。やっぱ色々おかしいけれど。
流石に3クール目メインな構成でしたね。MARs編だったわけだし。
さらっと現役プリズムクイーンの名前が出ていて「ん?」と思ったけど次回登場するとは。
そして久しぶりにみおん様回ッ! 楽しみッ!

プリズムメイツのデビュー曲は新EDにでもなるんだろうかと戦々恐々していたけど、まだプリティーリズムでGo!のままで安心。
でもそのうち変わることもあり得るから油断ならんな……
posted by 彩華 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

■視聴感想:カードファイト!! ヴァンガード #53

第53話「開戦! 決勝トーナメント」
遂に5クール目に突入。
そうか、放送開始したのってもう1年前か……
ヴァンガードチャンピオンシップもいよいよ決勝トーナメント。
露骨に使い捨てっぽいチーム紹介とレンの上から目線な選手宣誓に大笑い。
アニメ初登場のむらくもが即効かませになってるのは何ともいえない。
ネオネクタールは年末回でそれなりに見せ場あっただけに……
あと決勝でも櫂君が出ないってジ・エンドの販促はしないつもりなのかな。
大会と関係ない場所で櫂君が使用する可能性はあるけれど。
もしくはまだ使用クランのハッキリしていないガイがかげろう使いでジ・エンドを使うとか……は無いか。
次回でカエサル戦の中堅戦まで行くことが確定、更に大方の予想通りユリさんがダイレディとか使うわけか。
マジカルポリス・キルトのイラストを見た時に「ディメンジョンポリスはどこにいくんだ」と思ったけど、ユリさんが使うなら納得。
いやまぁ方向性が妙な事には変わりないんだけど。
posted by 彩華 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2012年01月06日

■戦姫絶唱シンフォギア #01

第01話「覚醒の鼓動」
上松範康(Elements Garden)とウィッチクラフトの金子彰史をタッグを組んだ!
音楽製作集団側が主導、という珍しい企画のアニメで1話だけでも歌の大盤振る舞い。
そこにバトル少女物要素にキマシ要素に金子節を混ぜ込んだ結果が物凄いホットスタート。
奏は早期退場が予想されていたけれど、まさかAパートで即退場とは予想外。
放送期間が1クールということもあり、ガンガン進んでいく模様。
アクションパートのクオリティはじょじょに下がっていくのだろうけれど、
このノリとか展開が維持されるのであれば非常に楽しめそう。
単純にシンフォギアシステム周りのギミックも非常に好みなので、色々と魅せてくれるのを期待。
posted by 彩華 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

■探偵オペラミルキィホームズ 第2幕 #01

第01話「野菜の果て」
1期とサマースペシャルは全話視聴済み。
原作ゲームは未プレイ。

安心のマジキチアニメが帰ってきた!
1期序盤はまだ探偵アニメの皮を一応被っていたのに、今回は最初から通常運行。
むしろ申し分程度のキャラ紹介要素と1期で色々やってきたネタを盛り込んだせいでカオス度が酷い。
特に1期12話やサマースペシャルで『探偵を志す』という部分を改めて自覚したのに、農家を志している辺りが酷すぎる。
更に知能レベルまでも退化しているのがもう。
えろしってるか」までの流れがもう酷すぎて笑いすぎて辛かった。
あと「大農村時代」→「見なさい、あれが探偵だよ」の流れがひでー
1期のセルフパロをしつつより酷い流れってのがもうすげぇ。
一揆状態の時と今回とでトイズが一瞬戻っている描写が入っているのはショック療法って感じなのかね。

2話の予告も十分酷かったので今回も充実のカオスっぷりを味わえるようで実に楽しみなのであった。
posted by 彩華 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年10月09日

2011秋アニメ

視聴しようと思っていたものは概ね見終わったのでザックリ感想

●境界線上のホライゾン
原作2下の途中まで読んでいる状態
鈍器とかヘヴィーノベルとか言われている川上稔作品がまさかのアニメ化
原作未読者には色んな意味で優しくないアニメだけど、そこをどうフォローしていくかが勝負か
やっさん絵がそのまま動いており、文章で表現されていた各種アクションが実際に動きで見られる嬉しさといったら無いね
視聴継続決定

●Fate/ZERO
原作stay nightとhollowはプレイ済みなものの、スピンオフであるZEROは未読
一話から60分とかすげーなーと思っていたけれど、サーヴァント召喚で〆るのは良い終わり方だったと思う
丸々説明回なのに一話を通常の尺でやっていたらどんな事になっていたのやらと振り返ると恐ろしいモンだ
原作桜ルートはアニメ化してないからちんこ蟲とかハサンは何気にアニメ初登場なのね……
二話は征服王の豪胆さとウェイバーの小ささが印象的だった
あと石田の怪演はたまらんものがある
そしてロ凛とイリヤかわいい
視聴継続決定

●C3-シーキューブ-
原作未読 配信待ち作品
ロウきゅーぶ!と同じ枠で電撃文庫作品で主人公が梶君って狙ってるんですかね
今のところは様子見な感じ
『アクションディレクター : 斉藤良成』の文字が発揮されるのを見届けてから切るかどうか決めようかなーという心持ち

●HUNTER × HUNTER
原作はヨークシンシティ編の途中まで中途半端に読んだきり
旧アニメは全て視聴、OVAもG・I編は全部視聴
まさかの再アニメ化なわけで、途中からやるのかなーと思っていたらハンター試験からしっかりとやってくれるとは思わなかった
……のだけれど、カイトがカットされていたり、4クールなのが決まっていたりとやはりG・I編までで終わってしまうのかなーという印象が残ってしまう
日曜朝10:55という枠なのも考慮してから、全体的にライトな雰囲気のまま進めていくのかなぁと
ヨークシンシティ編に入ったらドロドロし始めるけど、はてさてどうなるか
キャスト変更は不安があったけど、ゴンは初期ゴンにマッチしてる感じで良かった
レオリオはまんまじゃねーか!って感じだったけど、やっぱり合ってたなぁ
クラピカは「なるほど」といった感じ
ルパンの声優変更でみゆきちは不二子ちゃんを演じる事となり、日テレ系でおいしいポジションもらいまくりだなぁ
3話で伊瀬ちゃん演じるキルアが登場するだろうから、ソレも楽しみである
視聴継続決定

●ましろ色シンフォニー
原作未プレイ 配信待ち
見るかどうするか悩んでいたけれど、川村女神参加とあらば見ざるを得ない
……というわけで、先ほど視聴完了
丁寧な導入で愛理の態度の変わり方が良い引きだったなぁと
S音さまとMずなさんの競演が見られるのは素晴らしいデスヨ
作画のクリアさがズバ抜けていた印象があるので、一定のクオリティは保って欲しいなぁ
視聴継続決定だけど切る可能性はある

●ペルソナ4 the ANIMATION
原作未プレイ PSVの移植版待ち
P3Pはプレイしていたので日付変更時の演出でニヤニヤ
覚醒シーンで一時期ニコニコ動画の削除BGMにも使われていた通常戦闘曲が流れてニヤニヤ
イザナギのアクションも良く、非常に素晴らしかった
このまま視聴継続決定で

●ベン・トー
原作未読
ニコ生で1話先行上映の特番があったのでそちらを視聴
原作知識が「セガ」という事しかなかったので、本当に弁当を取り扱った話だとは思いもよらず
下野の演技と半額弁当を巡る争いのインパクト、そしてセガとこれまた非常に面白かった
悠木碧ちゃんの腐った演技も実に素晴らしい
こちらも配信待ちかな
MXで放送が終わった半日後に配信されるのでわざわざ録画する必要はない
視聴継続決定

●機動戦士ガンダムAGE
劇場版を通してガンダムの枠を広げ、取っ払ったOOに続くテレビシリーズガンダム最新作(除:SD)
まあ色々な前評判はありましたが、いざ蓋を開けると結構ガンダムしてたなーって感じで
UEのモンスターっぽさが情報が出始めた頃よりも薄れているような気がするのは何故だろうな
そのまま謎の敵で終わる事はないだろうし、ガンダム的に人類VS人類をやりたいだろうから、ナデシコ的な設定なのかねぇ……
それとも本当にヒューマンタイプの宇宙人との戦闘をやってしまうのか
ウェア換装が登場するまでは結構地味に進みそうな印象
AGEは世代交代を大きなテーマとして掲げているけれど、世代が進むごとに戦闘も派手になっていくのかね?
周囲のMS郡もより強力になっていくだろうし
今のところ、ジェノアスがただの役立たずっぽさが際立っていてこう、なんとも言えない感じではあるし



あとは未来日記とWORKING’!!、イカちゃんをどうするかって感じかな
未来日記は最速がニコ動の配信で、今日の23時からなので適当なタイミングで視聴か
ワーキングとイカちゃんは1期を見ていないからどうしたもんかなーという気分で視聴にはまだ至っていない状態

視聴が追いつかなくなった時の切る候補はC3、未来日記、ましろ色だな……

新アニメ以外だとゴーカイジャー、フォーゼ、アイマス、ヴァンガード、プリティーリズムは引き続き視聴継続
プリキュアはここのところ全然消化してないんだよなぁ……
あとダンボール戦機を配信で見始めましたわよ
アミさんかわいい
牙狼はアイマスと時間が被る時があるっぽいので全部は見られなさそうだなぁ
次回早速被るし
posted by 彩華 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年09月24日

■視聴感想:プリティーリズム・オーロラドリーム #25

第25話「友情の誓い! オーロラの翼」
クールの〆はそなた回になるんだろうか?
オーロラライジングにかけるりずむの想いをMARsの3人で共有し、お泊り会を通して結束を強める。
1クールかけてみおん様の心の鍵を開いたため、3人で秘密を共有する流れが良いね。
社長とそなたがライバルだった事も次のクールのラスト辺りで語られるんだろうか?
オーロラライジングの恐ろしさは社長自身が味わい、またライバルであった神崎そなたの喪失も経験している。
だからこそオーロラライジングを飛ぼうとしたりずむに激しい怒りを露にしてたわけだが、
事情を知らない3人は何故あそこまで怒ったのかは分からないままだよね。
そういや社長が銭ゲバ気味になってるのってプリティートップを有名にする→そなたに帰ってきてもらう、というりずむと同じ想いを持っているのが理由なんだろうか。
あと13話で出てきた月影先生(仮)が再登場。
JUNさんは気付いていたようだし、回想で出てきたJUNさんっぽい男の子はJUNさん本人と見るべきか。
1話でみおん様がドタキャンした会場でMARsの初イベントってのもまた面白いモノがあるな。

次回は総集編?
提供バックは新規カットだったけど予告部分が全て使いまわしってあたりで……
ナレーションもなんとなくそんな感じっぽいし。

そういや原作ゲームの方はメイド服コーデなんてのが登場するようで……
……まさかアニメでMARsの3人のメイド服コーデとか出るんじゃなかろうな! みおん様のメイド服!
posted by 彩華 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

■視聴感想:カードファイト!! ヴァンガード #37

第37話「帰ってきた忍者マスター」
何というコスプレ回……
ミサキさんのCEOコスプレまで詰め込んでくれるとは素晴らしい。
エミちゃんは桜花の姫巫女から更にデッキを調整しているわけねー
実際のところオラクルとバミューダの混成ってどうなんだろう。
二代目ニンジャマスターMは……うん。森川君はもういいでしょう(笑)
そんなところで次回よーやく三和君がファイトの腕を披露する流れに。
それなりに弱いのか、それなりに強いのか、はてさて。
posted by 彩華 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年06月26日

■視聴感想:DOG DAYS #13

EPISODE 13「約束」
うむ、綺麗に終わったかな?
イベント開催が決まっていなければ「2期やらないかなー!!」って思うところなんだけど、
ほぼ2期決まっているようなもんだろうしなぁ。

送還の条件を覆すことはできなかったが、再召喚の条件が残っていた。
こういうそうとは知らずに条件を確認するうちに条件が全部揃っていた!という展開はとても好み。
別れの時にシンクと姫様告白しあっちゃったし、再会した時の反応も楽しみでありますよ。
そしてエクエクがヒロインすぎて生きてるのが辛い。当て馬ポジションだけど。
更にカーチャンが若すぎて噴く。いくらなんでも若々しすぎやしないかね?

総評ー
都築作品じゃなきゃ視聴してなかったような気はするけれど、まあ見る理由の入り口はさておいて。
多少のシリアスはありつつも、全編ほんわかまったりムードで安心して見ていられる作品でした。
『戦』がたけし城だわ、獣玉はいるわで驚いた導入だったけど、だからこそ楽しかったんだと思う。
シンクの突き抜けたアホ明るさも見ていて疲れないものだったと思う。
ガウルとシンクの対決はもうちょっと見たかったかなぁ。
1クールの割りにキャラが多すぎるから折角色々な技を使えそうなのにシンクと直接対決した時しか見せてないのが勿体無い。
閣下も思ったよりもアクションシーン少なかったし。
そこら辺は2期に期待?と思ったけど、またキャラ増えそうだしにゃー(笑)
タグ:犬日々
posted by 彩華 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年06月19日

■視聴感想:DOG DAYS #12

EPISODE 12「4つの条件」
ぬう、やっぱり送還されたら再召喚は不可能か。
そして送還される際にフロニャルトで得た物はすべて失ってしまう。
それを知ってもシンクは明るく振舞えるのがシンクたる所以かなぁと……
彼生来の明るさが人を惹きつけるんだろうなと思えるような12話なのであった。
勇者さまありがとう食事会でのスピーチがグッと来たわけですよ。
騎士隊のエミリオは印象薄かったがなッ!!

そしてブレイク閣下に噴いた。
今までの閣下がどれだけ無理してたかがわかるんだけど、あの妹系閣下は衝撃的だッ!!

次回、最終回。
10月にイベントやるし二期やるんだろうと思ってるけど、どうやって終わらせるんだかなぁ。
タグ:犬日々
posted by 彩華 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年06月12日

■視聴感想:DOG DAYS #11

EPISODE 11「夜空に花が舞うように」
流石に妖刀は前回では終わらなかったか。
ユッキー達にも出番あって良し。
今回のメインはやはり姫様のコンサートシーンか。
やたらヌルヌル動くのも去ることながら、単純に演出がすげぇなと思った。
ステージの謎キューブとかイルミネーションとか。フロニャ力すげー

その他、デレ始めたエクレールとかたまらんですよ。
空気読まない三馬鹿&ガウルとか面白かった。
ガウルの色恋沙汰とか全然想像できんしなぁ……
そのまま三馬鹿全員とくっつくんじゃね?と思えてしまう。

閣下も遂にデレる。
ずっと補充できなかったミルヒ分を補充するのじゃよ、という心の声が聞こえる(妄想)
預言に関して周りに相談していればもっと早く解決できたかもしれない、というのは結果があるからこそ言える事ではある。
閣下の行動がよくない方に運命を動かしているのは何となく見えていたから、結局のところそういうことなのかもしれんが。
ただまあシンクを召喚していなかった場合、果たしてあの場を切り抜けられたのか、というのは疑問が残る。
シンクの言うようにエクレールだけでも解決していたのかもしれないけれどね。
ifの話をしても仕方がないか。

ラスト、目に涙を溜めたリコの解釈で悩む。
学友に呼ばれた、という事からシンクの帰還についての筈だが……
『戻っても必要だったらまた喚んでもらう』という前提で話が進んでいたので、
帰還できても再度喚ぶ事はできない、という事実に涙しているというのが順当な予想になるのかなー
タグ:犬日々
posted by 彩華 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年05月22日

■視聴感想:DOG DAYS #08

EPISODE 8「開戦の日」
いよいよ宝剣を賭けた戦が開始。
久しぶりに紋章術を使ったアクションが見られて満足だ。
偽装に使うっているのが木の葉ってのが面白いなー
犬なんだけど化ける。この組み合わせの妙。

閣下は側近2名に事情は話したのね。
そして今回の戦は小野D提案だったのかー
正直閣下が動けば動くほど状況が悪化しているように思えてならないんだよなー

そして今回の戦場は魔獣が出てくる可能性があることも示唆された。
三馬鹿&若本の噂話に始まり、ダルキアン卿&ユッキーの懸念がもう出現する前振りとしか……

そういやニコニコで1〜7話を2日にかけて生放送したのを皮切りに配信の方も開始されているようで。
1話が無料で、最新話無料は7話からのようだけど、配信があるだけでもありがたい。
やっぱり見易さという点では録画よりも配信があるかどうかって感じだからなー
タグ:犬日々
posted by 彩華 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ

2011年05月08日

■視聴感想:DOG DAYS #06

EPISODE 6「星詠みの姫」
シンクが相変わらず抜けてるトコロがあって安心したものの、
閣下の侵攻理由がドシリアスと判明してどうしよう、という感じの回だった。
ダルキアン卿&ユッキーは本来は魔物退治が生業のようで。
彼女が求めているもの次第でビスコッティ側につかないという可能性も示唆された。
閣下の見た未来は閣下自身が起こしてしまいそうで怖いなぁ。
自分が侵攻しても変わらない→変えるための行動の結果としてそのような未来になる、とも取れるし。
更に新しい閣下の得物がいかにもいやーな感じのオーラを出していたというのがまた。
タグ:犬日々
posted by 彩華 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴感想:アニメ